トレーニング

[カートの中身を確認]

SWITCH (Implementing Cisco Switched Networks)


概要

このコースは、受講者がCCNP Routing and Switching認定試験に備えることを目的とした5日間のトレーニングで、CCNP R&Sカリキュラムの3コースの1つです。
このコースでは、大規模な企業キャンパスネットワークにおいてスイッチの設定と管理を行うための知識とスキルを学習します。講義とラボ演習を通じて、企業のキャンパスネットワークにおけるVLAN、STP、マルチレイヤスイッチによるルーティング、ファーストホップ冗長化等について理解していきます。


受講対象者

- CCNP Routing and Switching認定の取得を目指す方
- Cisco IOSソフトウェアを使用したネットワーク設計において、スイッチを中心としたソリューションを正確に実行しなければならないネットワークのプロフェッショナル技術者
- ネットワークエンジニア
- ネットワークオペレーションセンター (NOC) 技術サポート要員
- ヘルプデスク技術者
- ネットワークの運用やサポートに関わっている方


前提条件

このコースを受講する前に受講者が習得しておく必要のある知識およびスキルは次の通りです。
- ネットワークの基礎の説明
- インターネット接続とWAN接続の確立(IPv4およびIPv6)
- ネットワークデバイスのセキュリティ管理
- 複数のスイッチを使用して中規模LANを運用することによる、VLAN、トランク、スパニングツリーのサポート
- IP接続のトラブルシュート(IPv4およびIPv6)
- EIGRPとOSPFの設定とトラブルシューティング(IPv4およびIPv6)
- SNMP、syslog、NetFlowアクセス用のデバイスの設定
- シスコデバイスの設定、Cisco IOSイメージ、およびライセンスの管理


下記のコースを受講済み、または同等の知識を有する方

目的

このコースを修了すると次のことができるようになります。
▶ キャンパスの階層構造、スイッチの基本動作、SDMテンプレートの使用方法、PoEおよびLLDPについて理解する
▶ VLANとトランク、VTP、IPv4およびIPv6環境でのDHCP、ポート集約を設定する
▶ 使用しているネットワークに最適なSTPメカニズム(PVST+、Rapid PVST+、MST)を設定する
▶ マルチレイヤスイッチによるルーティングを設定する
▶ NTP、SNMP、IP SLAおよびポートミラーリングを設定する。また、StackWiseとVSSの動作を確認する
▶ IPv4およびIPv6環境においてファーストホップ冗長性を実装する
▶ 推奨される対策に従ってキャンパスネットワークを保護する


アウトライン

モジュール 1: 基本的な概念とネットワークの設計
 レッスン 1: キャンパスネットワーク構造の分析
 レッスン 2: レイヤ2スイッチとマルチレイヤスイッチの比較
 レッスン 3: Cisco SDMテンプレートの使用
 レッスン 4: LLDPの実装
 レッスン 5: PoEの実装

モジュール 2: キャンパスネットワークアーキテクチャ
 レッスン 1: VLANとトランクの実装
 レッスン 2: VTPの概要
 レッスン 3: DHCPの実装
 レッスン 4: IPv6用のDHCPの実装
 レッスン 5: レイヤ2ポート集約の設定

モジュール 3: スパニングツリーの実装
 レッスン 1: RSTPの実装
 レッスン 2: STPの安定性メカニズムの実装
 レッスン 3: MSTの実装

モジュール 4: VLAN間ルーティング
 レッスン 1: ルータを使用したVLAN間ルーティングの実装
 レッスン 2: スイッチでルーティングするための設定

モジュール 5: ハイアベイラビリティネットワークの実装
 レッスン 1: NTPの設定
 レッスン 2: SNMPバージョン3の実装
 レッスン 3: IP SLAの実装
 レッスン 4: 監視をサポートするためのポートミラーリングの実装
 レッスン 5: スイッチの仮想化の確認

モジュール 6: ファーストホップ冗長性の実装
 レッスン 1: HSRPを使用したレイヤ3の冗長性の設定
 レッスン 2: VRRPを使用したレイヤ3の冗長性の設定
 レッスン 3: GLBPを使用したレイヤ3の冗長性の設定
 レッスン 4: IPv6用のファーストホップ冗長性の設定

モジュール 7: キャンパスネットワークセキュリティ
 レッスン 1: ポートセキュリティの実装
 レッスン 2: ストーム制御の実装
 レッスン 3: 外部認証へのアクセスの実装
 レッスン 4: スプーフィング攻撃の軽減
 レッスン 5: VLANトランクの保護
 レッスン 6: プライベートVLANの設定

ラボアウトライン 【CLL(Cisco Learning Labs)環境を使用します】
 ラボ 1: ネットワーク検出
 ラボ 2: DHCPの設定
 ラボ 3: DHCPv6の設定
 ラボ 4: EtherChannelの設定
 ラボ 5: RSTPの実装
 ラボ 6: STPの設定の改善
 ラボ 7: MSTの設定
 ラボ 8: ルータを使用したVLAN間ルーティングの設定
 ラボ 9: マルチレイヤスイッチでのルーティング設定
 ラボ 10: NTPの設定
 ラボ 11: IP SLAを使用したネットワーク監視の設定
 ラボ 12: ロードバランシングを使用したHSRPの設定
 ラボ 13: ロードバランシングを使用したVRRPの設定
 ラボ 14: GLBPの実装
 ラボ 15: IPv6用のHSRPの設定
 ラボ 16: ポートセキュリティを使用したネットワークアクセスの制御


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の11営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の11営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

・受講者変更:コース開始日の6営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


試験バウチャー

「バウチャーあり」をお申し込みのお客様には、以下の試験バウチャー(1回分)をお渡しします。

・300-xxx Professional Level exams

開催予定日 : SWITCH (Implementing Cisco Switched Networks)
日程会場 / 主催
空席状況
実施状況
税込価格選択
2019/11/11(月) - 11/15(金)
【時間】 09:30 - 16:30
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital株式会社
空席あり
バウチャーなし
275,000円
バウチャーあり
311,960円

コードCI-SWITCH
主催Top Out Human Capital株式会社
価格(税抜)250,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
CLC28
日数5日間
継続教育40クレジット
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド日本語

Download PDFトレーニング内容(PDF)


コードCI-SWITCHV
バウチャーあり
価格(税抜)283,600円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます


Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。