トレーニング

[カートの中身を確認]

TSHOOT (Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks)


概要

このコースは、受講者がCCNP Routing and Switching認定試験に備えることを目的とした5日間のトレーニングで、CCNP R&Sカリキュラムの3コースの1つです。
このコースでは、複雑なネットワーク環境で働くプロフェッショナルがネットワークの維持や、問題の診断と解決を迅速かつ効率的に行うために必要な知識とスキルを学習します。コースの大半の時間は、講義で学習したスキルをラボ演習で実践することに充てられます。


受講対象者

- CCNP Routing and Switching認定の取得を目指す方
- 複雑なIPネットワークのメンテナンスおよびトラブルシューティングの技術レベルを向上させたいネットワーク技術者
- ネットワークエンジニア
- ネットワーク運用担当者
- ヘルプデスク技術担当者
- ネットワークのメンテナンスとサポートの担当者


前提条件

このコースを受講する前に受講者が習得しておく必要のある知識およびスキルは次の通りです。
- レイヤ2スイッチング
  ・VLAN、VLANアクセスコントロールリスト、ポートセキュリティ
  ・スイッチのセキュリティに関する問題
- リンクアグリゲーションプロトコル
- STP
- VLAN間ルーティング
- ファーストホップ冗長化(HSRP、VRRP、GLBP)
- ブランチオフィスの運用
- EIGRP
- OSPF
- レイヤ3パス制御
- 再配布
- BGP
- IPv6ネットワーキング


目的

このコースを修了すると次のことができるようになります。
▶ 複雑なエンタープライズネットワークの問題の特定と解決に使用するトラブルシューティングツールおよびトラブルシューティングの手順について説明する
▶ ラボ演習における自社および顧客が直面しているネットワーク問題の特定と解決を行う


アウトライン

モジュール 1: トラブルシューティングのツールと手順
 レッスン 1: トラブルシューティング方法の説明
 レッスン 2: トラブルシューティング手順の使用
 レッスン 3: 推奨事項に沿った日常的なネットワークメンテナンスの実施
 レッスン 4: 基本的なIOSトラブルシューティングツールの使用
 レッスン 5: 専用のトラブルシューティングツールの使用

モジュール 2: SECHNIK Networking Ltd.でのトラブルシューティング
 レッスン 1: SECHNIK Networking Ltd.での最初のトラブルシューティングの解説
 レッスン 2: SECHNIK Networking Ltd.での2回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 3: SECHNIK Networking Ltd.での3回目のトラブルシューティングの解説

モジュール 3: TINC Garbage Disposal Ltd.でのトラブルシューティング
 レッスン 1: TINC Garbage Disposal Ltd.での最初のトラブルシューティングの解説
 レッスン 2: TINC Garbage Disposal Ltd.での2回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 3: TINC Garbage Disposal Ltd.での3回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 4: TINC Garbage Disposal Ltd.での4回目のトラブルシューティングの解説

モジュール 4: PILE Forensic Accounting Ltd.でのトラブルシューティング
 レッスン 1: PILE Forensic Accounting Ltd.での最初のトラブルシューティングの解説
 レッスン 2: PILE Forensic Accounting Ltd.での2回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 3: PILE Forensic Accounting Ltd.での3回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 4: PILE Forensic Accounting Ltd.での4回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 5: PILE Forensic Accounting Ltd.での5回目のトラブルシューティングの解説

モジュール 5: Back of POLONA Ltd.でのトラブルシューティング
 レッスン 1: Back of POLONA Ltd.での最初のトラブルシューティングの解説
 レッスン 2: Back of POLONA Ltd.での2回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 3: Back of POLONA Ltd.での3回目のトラブルシューティングの解説
 レッスン 4: Back of POLONA Ltd.での4回目のトラブルシューティングの解説

ラボアウトライン 【CLL(Cisco Learning Labs)環境を使用します】
 ラボ 1: SECHNIK Networking Ltd.での最初のトラブルシューティング
 ラボ 2: SECHNIK Networking Ltd.での2回目のトラブルシューティング
 ラボ 3: SECHNIK Networking Ltd.での3回目のトラブルシューティング
 ラボ 4: TINC Garbage Disposal Ltd.での最初のトラブルシューティング
 ラボ 5: TINC Garbage Disposal Ltd.での2回目のトラブルシューティング
 ラボ 6: TINC Garbage Disposal Ltd.での3回目のトラブルシューティング
 ラボ 7: TINC Garbage Disposal Ltd.での4回目のトラブルシューティング
 ラボ 8: PILE Forensic Accounting Ltd.での最初のトラブルシューティングの解説
 ラボ 9: PILE Forensic Accounting Ltd.での2回目のトラブルシューティングの解説
 ラボ 10: PILE Forensic Accounting Ltd.での3回目のトラブルシューティングの解説
 ラボ 11: PILE Forensic Accounting Ltd.での4回目のトラブルシューティングの解説
 ラボ 12: PILE Forensic Accounting Ltd.での5回目のトラブルシューティングの解説
 ラボ 13: Back of POLONA Ltd.での最初のトラブルシューティング
 ラボ 14: Back of POLONA Ltd.での2回目のトラブルシューティング
 ラボ 15: Back of POLONA Ltd.での3回目のトラブルシューティング
 ラボ 16: Back of POLONA Ltd.での4回目のトラブルシューティング


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の11営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の11営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。

・受講者変更:コース開始日の6営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。
 (Cisco Expert Level Training for CCIEは、こちらをご覧ください)


試験バウチャー

「バウチャーあり」をお申し込みのお客様には、以下の試験バウチャー(1回分)をお渡しします。

・300-xxx Professional Level exams

開催予定日 : TSHOOT (Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks)
日程会場 / 主催
空席状況
実施状況
税込価格選択
2019/08/19(月) - 08/23(金)
【時間】 09:30 - 16:30
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital株式会社
空席あり
バウチャーなし
270,000円
バウチャーあり
306,288円
2019/11/25(月) - 11/29(金)
【時間】 09:30 - 16:30
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital株式会社
空席あり
バウチャーなし
270,000円
バウチャーあり
306,288円

コードCI-TSHOOT
主催Top Out Human Capital株式会社
価格(税抜)250,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
CLC25
日数5日間
継続教育50クレジット
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド日本語

Download PDFトレーニング内容(PDF)


コードCI-TSHOOTV
バウチャーあり
価格(税抜)283,600円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます


Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。