トレーニング

[カートの中身を確認]

DevOps ファンダメンタルズ

・受講初日に、Webを使用して試験登録を行う必要があります。その手続き用に受講期間中にアクセスできるメールアドレスと、スマートフォン等のインターネットへアクセスできる必要となります。スマートフォン等環境が用意できない場合は予め弊社にご連絡ください。
・最終日は、マークシート方式の試験を実施するために鉛筆(シャープペンシル可)および消しゴムをご持参ください。


概要

「DevOpsの基礎を学ぶ」
DevOpsのための基本コンセプトや主要な用語、手法、ツールについて学習するコースです。当コースは、DevOpsの基本的な考え方や概念、用語についての共通理解を持つことを目指す、エントリーレベルのコースです。ツールや自動化等の技術的な話題やアジャイル、リーン等の手法だけでなく、文化、コミュニケーション、コラボレーション、インテグレーション等、網羅的にフレームワーク化されているのが特徴です。DevOpsを採用することにより、ビジネスニーズに合致した設計と開発・デプロイメント・運用を迅速に提供する能力が改善されます。これにより、顧客満足の向上、品質向上、迅速なサービスの提供、よりよいコスト削減を目指すための基礎知識を学習します。


受講対象者

アジャイル、DevOpsを理解しようとしている方。
社内にアジャイル、DevOpsを展開していこうとしている方。
アプリケーションの要件決定等に関わる事業部門の方。
• DevOps推進者
• アプリケーション開発者
• システムの設計、開発者
• テスト担当者
• 運用担当者
• 保守担当者
• プロジェクトマネージャ、オーナー
• サービスマネージャ、オーナー
• プロダクトオーナー


前提条件

必須条件:
・特にありません。
推奨条件:
・数年間のIT関連の業務経験があることが望ましい。


目的

・事業およびITの観点から、組織は何故DevOpsを採用するかを説明できる。
・DevOpsの重要な概念、原則を定義し協議できる。
・DevOpsと、その他のリーンやアジャイルなどの手法との関連を説明できる。
・重要なDevOpsのプラクティスを説明できる。
・テストの自動化、インフラストラクチャの自動化、ビルドおよびデプロイメントの自動化の概念を説明できる。
・DevOpsでの役割、チーム、組織構造を含むDevOps組織の考慮事項を説明できる。
・どのようにDevOps文化を取り入れるかを説明できる。


アウトライン

1. コースの紹介
2. DevOpsイントロダクション
3. カルチャー
4. 組織
5. プロセス
6. 自動化
7. 測定と改善
8. まとめ
9. 模擬試験
10. 試験


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の12営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の12営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


開催予定日 : DevOps ファンダメンタルズ
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。
コードJQ-DOFND
主催日本クイント株式会社
価格(税抜)210,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
日数3日間
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド

Download PDFトレーニング内容(PDF)



Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。