トレーニング

[カートの中身を確認]

DevOps プロフェッショナル - Enable & Scale

・事前準備:受験にあたり前提資格を証明するため、DevOps ファンダメンタルズ資格の認定書の提出が必要です。あらかじめご用意ください。
・受講期間中:Webを使用して試験登録を行います。対象試験を登録した後、前提資格の認定書のデータファイル(PDF)を登録していただきます。その手続き用に受講期間中にアクセスできるメールアドレスと、PCやスマートフォン等のインターネットへアクセスできる環境が必要ですのでご用意ください。
・受験日:本人確認のために顔写真付きの身分証明書をご持参ください。また、紙ベースの試験のため、鉛筆(シャープペンシル可)および消しゴムをご持参ください。


概要

「DevOpsの実践力を身に着ける」
 DevOpsを適用するには、継続的デリバリ―やアジャイル開発といった技術的なスキルを習得するだけでは充分ではありません。
・現場で働く技術者にどのようなマインドセットを持ってもらうか
・どのようにチームを構築するか
・リーダーはどのような動き方をするか
といってヒューマンスキルが技術的なスキルと同程度に重要です。
 本コースは、このようなDevOpsを現場で実践するために必須となるヒューマンスキルに焦点を当てたものです。DASAが定義している12のスキルエリア・知識エリアのうち以下の4つの側面を対象としています。
・勇気
・チーム構築
・DevOpsリーダーシップ
・継続的改善

 本コースを受講することにより、DevOps ファンダメンタルズコースで得た知識を現場で適用するために必要となるうスキルを習得することができます。


受講対象者

ITに関わる全ての方。
特にDevOpsの導入に関わる以下の方にお勧めします:
・DevOpsに興味のある方
・DevOps推進者
・プログラマー/アプリケーション開発者
・システムの設計・開発者
・テスト担当者
・運用、保守、メンテナンス担当者
・品質管理者
・サービスマネージャ
・IT企業の営業
・プロダクトオーナー
・プロジェクトマネージャ
・スクラムマスター


前提条件

必須条件:
・DASA DevOpsファンダメンタルズ資格を取得していること。


目的

・DevOpsカルチャーの特徴や重要性と、カルチャーに影響する4つの側面を説明できる。
・実験のために、なぜ勇気、信頼などが不可欠かを理解する。
・DevOpsカルチャーにおけるさまざまな振舞いを評価できる。
・優れたDevOpsチームを編成し、その成熟度を評価する方法を理解する。
・バリューストリームを分析し、スループットとフローを向上させる方法を理解する。
・継続的改善のツールを利用できるようになる。


アウトライン

1. イントロダクション
2. チーム構築
3. DevOpsリーダーシップ
4. 勇気
5. 価値中心・顧客中心の行動
6. 継続的改善
7. 試験対策(模擬試験)
8. 試験実施


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の12営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の12営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


開催予定日 : DevOps プロフェッショナル - Enable & Scale
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。
コードJQ-DOPRO
主催日本クイント株式会社
価格(税抜)150,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
日数2日間
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド

Download PDFトレーニング内容(PDF)



Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。