トレーニング

[カートの中身を確認]

ITIL(R) 2011 エキスパート MALC ~サービス・ライフサイクルを通した全体の管理~

・事前準備:受験にあたり前提資格(必要数のITIL®クレジット)を証明するため、ITIL® ファンデーションおよびインターミディエイトもしくはプラクティショナ資格の認定書の提出が必要です。あらかじめご用意ください。
・受講期間中:Webを使用して試験登録を行います。対象試験を登録した後、前提資格の認定書のデータファイル(PDF)を登録していただきます。その手続き用に受講期間中にアクセスできるメールアドレスと、PCやスマートフォン等のインターネットへアクセスできる環境が必要ですのでご用意ください。
・受験日:本人確認のために顔写真付きの身分証明書をご持参ください。また、紙ベースの試験のため、鉛筆(シャープペンシル可)および消しゴムをご持参ください。


概要

「ITサービスの最適化を目指す」
ITサービスのライフサイクルを通して全体を見渡す観点で必要な考え方を学びます。ITIL®の全ライフサイクルと、含まれる全プロセスについての詳しい専門知識とともに、全体を通した総合的なマネジメントを学習します。
サービス・ライフサイクルの各段階(SS,SD,ST,SO,CSI)は時系列に区切られたものではなく、常に並行して活動しています。そして、それぞれの段階はお互いにインプットとアウトプットがありインターフェイスを持っています。
このコースでは、ITサービス・ライフサイクルを俯瞰的な目線でとらえて、インターミディエイトで学習した内容を総動員しながら、CIO(最高情報責任者)と同等の視点を持つ人材育成を目指します。ITサービスをどのようにマネジメントするかという観点だけではなく、より高く、より広い、ビジネスの観点からITサービスの利点や妥当性、ROI等を捉え考える人材育成を目指します。
コースの最後にあるMALC試験に合格すると、「ITIL® エキスパート資格」を取得することができます。


受講対象者

事業戦略とIT戦略を両立させ、事業の成長を促進させる役割を担っている方。
ITIL® 2011についてより詳しく学びたいと考えるあらゆる方。
特に、CIOやCIO候補の方。
• サービスデスクのマネージャ
• インフラストラクチャ技術者、運用保守マネージャ
• アプリケーション開発者、運用保守マネージャ
• プロジェクトマネージャ
• IT企画マネージャ
• サービスマネージャ、オーナー
• プロセスマネージャ、オーナー
• 品質保証マネージャ
• IT企業の営業マネージャ
• ITコンサルタント


前提条件

必須条件:
・ITIL® V3または2011 editionのクレジットを17単位以上を取得済みであること。


目的

・ ITサービスマネジメントのビジネス課題と管理課題の概要を学ぶ
・ ITサービスマネジメントの計画と導入を管理できるようになる
・ 戦略的な変化の管理、リスク管理ができるようになる
・ 組織的な課題や管理機能を理解する
・ ライフサイクル・プロジェクト・アセスメントを実施できるようになる


アウトライン

1. 概要
2. コミュニケーションおよび利害関係者の管理
3. サービス・ライフサイクルにおけるサービスマネジメント・プロセスの統合
4. ライフサイクルにおけるサービスの管理
5. ガバナンス、役割、人材、適性
6. 測定
7. サービスマネジメント能力の実施および改善
8. 試験対策
9. 試験実施


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の12営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の12営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


開催予定日 : ITIL(R) 2011 エキスパート MALC ~サービス・ライフサイクルを通した全体の管理~
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。
コードJQ-ITIL2011MALC
主催日本クイント株式会社
価格(税抜)320,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
日数4日間
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド

Download PDFトレーニング内容(PDF)



Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。