トレーニング

[カートの中身を確認]

ITIL(R) 2011 プラクティショナ 速習 (試験別日)

・事前準備:受験にあたり前提資格を証明するため、ITIL® ファンデーション資格の認定書の提出が必要です。あらかじめご用意ください。
・受講期間中:Webを使用して試験登録を行います。対象試験を登録した後、前提資格の認定書のデータファイル(PDF)を登録していただきます。その手続き用に受講期間中にアクセスできるメールアドレスと、PCやスマートフォン等のインターネットへアクセスできる環境が必要ですのでご用意ください。
・受験日:本人確認のために顔写真付きの身分証明書をご持参ください。また、紙ベースの試験のため、鉛筆(シャープペンシル可)および消しゴムをご持参ください。


概要

プラクティショナ(Practitoner)とは、実践者を意味します。
本コースは、ITIL®を実践的に活用するための手法について学習するコースです。

ITIL®の基本は継続的な改善です。ITサービスマネジメントの現場で推進しなくてはいけない改善活動は限りなくあります。例えば「改善活動の継続的な遂行」「管理プロセスの導入」「運用改善」「SLAの合意」「サービスカタログの作成」「ITSM用ツールの選定と導入」等。これらを行う際に、現場で気を付けなくてはいけないことは多々あります。
例えば、予算取りを行い、投資対効果を上司に説明して理解を得る必要があると同時に、現場担当者やユーザーも巻き込んでプロジェクトを進める必要があります。

このように「実践的に」進めて行くために必要なノウハウや考え方についてまとめられたITIL®書籍「ITIL® プラクティショナ・ガイダンス」を元に作成されたコースと試験です。


受講対象者

ITサービスに関わるあらゆる方。
特に、ITIL(R)を参考に現場改善や新規サービス企画をはじめとしたサービスマネジメントを実践していこうと考えている方。
・運用担当者
・運用管理者
・サービスマネージャ
・プロセスマネージャ
・サービス品質の責任者
・改善活動の推進者
・サービス営業
・クラウドサービスの責任者、担当者、営業


前提条件

必須条件:
・ITIL® V3または2011 editionのファンデーショ ン資格を取得していること。
推奨事項:
・実践的かつ短期コースなため、ITIL® 2011edtionのエキスパート資格もしくは、インターミディエイト資格のうち2つ以上を取得されていること。


目的

・継続的サービス改善を促すためのITサービスマネジメントの主な原則やコンセプトについて理解する
・継続的サービス改善のアプローチを組織の現状を理解した上で改善活動を管理するための方法について理解する
・継続的に改善するための測定基準の設定や測定方法を理解する


アウトライン

1. はじめに
2. 旅の始まり
3. 組織変更管理(OCM)
4. どこを目指すのか?
5. コミュニケーション
6. ロードマップ
7. 測定基準と測定値
8. 確認、コントロール、方向修正
9. 推進力の維持
10. 従うべき原則


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の12営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の12営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


開催予定日 : ITIL(R) 2011 プラクティショナ 速習 (試験別日)
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。
コードJQ-ITIL2011PRACLQ
主催日本クイント株式会社
価格(税抜)190,000円
コース開催日の税率に応じて
消費税が課税されます
日数3日間
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド

Download PDFトレーニング内容(PDF)



Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。