トレーニング

[カートの中身を確認]

Pythonネットワーク編

本トレーニングで使用するテキストは、伊藤 裕一氏が本トレーニングのために、書き下ろした内容です。


概要

ネットワーク上の管理や自動化のために、普段行っている作業をPythonで実装する知識を得ることができます。
コマンドライン操作や、ログを取得して処理を行うなど実践的な内容を含みます。


受講対象者

複数の機材を管理するネットワーク管理者


前提条件

IPアドレスや、ネットワークの基礎を理解している


下記のコースを受講済み、または同等の知識を有する方

アウトライン

インフラの構築と運用
- 従来のインフラ構築と自動化
- 従来のインフラ運用と自動化
- 実環境での自動化の利用例
- 自動化されたインフラを作るためのスキル
- 自動化に適した製品例

自動化に使われる技術の概要
- telnet/ssh
- expect
- コマンドをプログラムで利用
- REST API
- ネットワーク機器向けライブラリ

REST APIの仕組みと操作手法
- HTTP/HTTPSプロトコル
- REST APIの概要
- JSONとXML
- HTTP(REST)のメソッド
- RESTの操作方法を体験
- ブラウザのGUIとデバッグ手法

仮想ルータの操作とAPIの設計手法
- 仮想ルータ : Cisco CSR 1000v
- 仮想ルータが動作する環境
- Cisco CSR 1000vを操作する流れ(Tokenの仕組み)
- ホスト名の取得
- ホスト名の変更
- REST APIを使う自作関数(メソッド)の設計手法
- 自作メソッドのテスト
- 実例を使った関数設計のTips

ネットワーク機器向けのライブラリ
- Expect と Pexpect
- Paramiko
- Netmiko
- Napalm


ご注意・ご連絡事項

本トレーニングコースには、申し込み手続き期限、キャンセル、日程変更に関する扱いが定められています。
・申し込み手続き期限: コース開始日の12営業日前までとします。期限後のお申し込みを検討されている場合はこちらからお問い合わせください。
・キャンセル: コース開始日の11営業日前以降のお申し出の場合は、代金を全額お支払いいただきます。
・日程変更: コース開始日の11営業日前以降のお申し出は、受付いたしかねます。


開催予定日 : Pythonネットワーク編
日程会場 / 主催
空席状況
実施状況
税込価格選択
2019/01/11(金) - 01/11(金)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/02/14(木) - 02/14(木)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/03/13(水) - 03/13(水)
【時間】 09:30 - 17:00
大阪市内
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/03/20(水) - 03/20(水)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/04/17(水) - 04/17(水)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/05/15(水) - 05/15(水)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/06/05(水) - 06/05(水)
【時間】 09:30 - 17:00
大阪市内
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円
2019/06/19(水) - 06/19(水)
【時間】 09:30 - 17:00
芝トレーニングセンター
【主催】 Top Out Human Capital
空席あり
64,800円

コードTO-PYTHONN
主催Top Out Human Capital
価格(税抜)60,000円
価格(税込)64,800円
日数1日間
言語
 インストラクタ日本語
 テキスト日本語
 ラボガイド日本語

Download PDFトレーニング内容(PDF)



Top Out Human Capitalの教育コンサルタントと実施経験の豊富なインストラクターが、皆様のビジネス を強力にサポートします。

海外では一般的なスペシャリスト向けトレーニングを中心に、専門的な目的を持つ受講者様が短期間で成長と進化を感じられるよう、常に双方向型の講義を心がけています。